〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワーアネックス2階

MENU
  • LINE予約
  • web予約
  • AGAとは?男性型脱毛症の原因と治療|薬を使わない薄毛治療【ナチュラルAGAクリニック】中目黒駅すぐ

    AGAとは?
    男性型脱毛症の原因と治療

    Male type AGA

    AGAとは?

    AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。思春期以降の男性に発症し、額の生え際や頭頂部の薄毛が進行していきます。
    遺伝や男性ホルモンが原因と言われ、徐々に髪が細く、少なくなって薄毛が目立つようになります。
    日本におけるAGA人口は1,260万人で、そのうち650万人は何らかの対策を行ったことがあると言われています。

    AGAの進行パターン

    AGAには特徴的な進行のパターンがあります。

    • 頭頂部から薄くなるO字タイプ
    • 額の生え際から後退していくM字タイプ
    • 前頭部からくるパターンU字タイプ
    • 上記の複合タイプ

    さらに薄毛の進行度によってI度からVII度に分類されています。

    AGAの進行パターン

    AGAの原因

    主に男性ホルモンが原因と考えられています。
    男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5α還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、このDHTが髪の成長期を短くする原因物質と考えられています。
    通常、髪の毛は成長期(伸びる)、退行期(抜ける)、休止期(生える)を繰り返しており、この周期をヘアサイクルと呼びます。

    しかし、DHTの影響によって正常のヘアサイクルが乱れ、成長期の髪が十分に育たないうちに抜けてしまいます。
    そのためAGAでは細く短い髪の毛が増え、全体として薄くなってしまいます。

    通常のヘアサイクル
    AGAのヘアサイクル

    AGAの特徴

    AGAは進行性の疾患です。放っておけば高い確率でどんどん髪が薄くなっていきます。
    特に、頭頂部や額の生え際には、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作る5α還元酵素が多く存在しているため、この部位に薄毛が起こりやすいと言われています。

    AGAの治療法

    AGAの治療法には主に、医薬品(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル)とそれ以外(低出力レーザー、アデノシン)があります。
    この他にも様々な民間療法がありますが、十分に科学的エビデンスがあるものは限られています。

    フィナステリド

    フィナステリド

    フィナステリドは、AGAの根本的な原因であるDHTの産生を抑え、薄毛を改善する飲み薬です。II型5α還元酵素を阻害することで、テストステロンからDHTの変換・産生を減少させるので、薄毛の進行をストップさせることができます。

    一般的に1mgを1日1錠内服することで、3~6ヶ月程度で発毛効果が出てきます。最初の1年くらいが最も効果を得られますが、その後も服用を継続することで数年間かけてゆっくりとさらに毛量が増えると言われています。
    副作用としては、性欲減退、精液量減少、皮膚症状、肝機能障害、乳房圧痛、乳房肥大などが数%未満で報告されています。

    デュタステリド

    デュタステリドは、フィナステリドと同じように、AGAの根本的な原因であるDHTの産生を抑えて薄毛を改善する飲み薬です。フィナステリドがII型5α還元酵素のみを阻害するのに対し、デュタステリドはI型・II型両方の5α還元酵素を阻害するので、より強力に薄毛を改善することができます。
    一般的に0.5mgを1日1錠内服することで、3~6ヶ月程度で発毛効果が出てきます。
    副作用としては、フィナステリド同様に、性欲減退、精液量減少、皮膚症状、肝機能障害、乳房圧痛、乳房肥大などが数%未満で報告されています。

    ミノキシジル

    ミノキシジル

    ミノキシジルは、もともと高血圧に対する降圧薬として開発された医薬品です。副作用として多毛症がみられたことから、AGA治療薬として用いられるようになりました。塗り薬として用いられます。塗布した頭皮から直接吸収され、毛母細胞を刺激し、血流を改善することで薄毛を改善すると言われています。

    男性の場合ミノキシジル5%配合剤を1ml1日2回頭皮に塗布することで、3~6ヶ月程度で発毛効果が出てきます。
    副作用としては、頭皮の皮疹、かゆみ、かぶれ、頭痛、めまい、心拍が速くなる、手足のむくみなどが報告されています。

    なお、多くのAGAクリニックでミノキシジルの飲み薬が処方されていますが、利益と危険性が十分に検証されていないため、使用するべきではありません。日本皮膚科学会発行のガイドラインでも、ミノキシジルの内服療法は推奨度D(行わないよう強く勧める)となっています。

    低出力レーザー

    低出力レーザー

    低出力レーザーは、弱いレーザー光を頭皮に照射することで発毛を促す治療法です。レーザー光としては650nm~660nm程度の特定の波長の光が用いられます。 レーザーが毛包の細胞に直接働きかけ、細胞活性化、血流促進、抗炎症作用などの作用をもたらし、薄毛を改善します。

    照射の頻度としては1回5~15分、週3回程度が効果的と言われています。
    副作用は皮膚の乾燥やかゆみ、温かさなど、軽度です。
    比較的新しい治療法なので、日本ではあまり広く行われていませんが、発毛効果も十分で、副作用も軽いため、薬を使いたくない方にとっては良い治療法と言えるでしょう。
    さまざまなレーザー機器が販売されているため、適切なものを選ばなければいけません。当院では、数ある機器からセレクトした2機種を扱っています。

    アデノシン

    アデノシンアデノシン

    アデノシンは、もともとカラダのあらゆる細胞の代謝にかかわる重要な物質です。塗り薬として用いると、毛包の細胞活性化、血流促進作用をもたらし、薄毛を改善することが知られています。
    血管内皮増殖因子(VEGF)、線維芽細胞増殖因子7(FGF-7)などが細胞に働きかけ、発毛効果をもたらします。

    アデノシンは医薬品ではなく医薬部外品なので、報告されている副作用もかゆみなど軽微なものです。

    AGAの治療期間

    治療により薄毛改善を実感するのは早い人で3~4ヶ月、一般的には6~12ヶ月かかると言われています。
    また、AGAは、1回治療して終わりではありません。AGAの原因が自分自身の男性ホルモンである以上、治療を中断すると薄毛がまた進行し始めてしまいます。残念ながらAGAを「完治」させるのは困難と言えるでしょう。ですから、長期的な治療計画を立て、治療を継続しやすくすることが重要です。
    薬の体への負担や、経済的な負担も考慮して継続可能な治療計画を立てるのがよいでしょう。

    当院では、ご要望に合わせて、患者様ひとりひとりに最適な治療計画をご提案しています。
    ぜひ一度、無料カウンセリングをご利用ください。

    pagetop