〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワーアネックス2階

MENU
  • LINE予約
  • web予約
  • AGA・FAGAガイドラインとは?|薬を使わない薄毛治療【ナチュラルAGAクリニック】中目黒駅すぐ

    AGA・FAGA
    ガイドラインとは?

    Guideline

    AGA・FAGAガイドラインとは何か?

    AGA・FAGAガイドラインは、日本皮膚科学会が2017年に発表した、男性型脱毛症と女性型脱毛症の標準的治療法をまとめた治療指針です。
    日本の薄毛診療を向上する目的で、医師、患者に向けて作成されています。

    髪の毛は見た目の印象を大きく左右し、「薄毛」がその人の人生に与える影響は計り知れなく大きいです。
    その悩みに応えるように、ちまたにはシャンプーや育毛剤、サプリメント、育毛サロンから病院まで様々な育毛・発毛関連サービスが存在し、本当に有用な情報が非常にわかりにくいです。
    有効な治療法があるにも関わらず、いまでも皮膚科医の立場からは無効といえる民間療法が社会にあふれ、無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくありません。 このガイドラインは、毛髪診療に詳しい日本を代表する皮膚科医が集まり、医師・患者に向けてAGA・FAGAの有効な治療法をわかりやすく説明した治療指針です。

    推奨度の分類

    薄毛の研究は長く世界中で行われており、たくさんのデータが蓄積されています。多くの研究データを集めて統合することで、より強い科学的根拠を得ることができます。
    このガイドラインは、世界中の研究論文を集めて解析し、その科学的根拠に応じてそれぞれの治療法を推奨度A~Dに分類しています。

    推奨度 男性 女性
    A
    (行うよう強く勧める)
    男性
    • フィナステリド内服
    • デュタステリド内服
    • ミノキシジル外用
    女性
    • ミノキシジル外用
    B
    (行うよう勧める)
    男性
    • 自毛植毛術
    • LEDおよび低出力レーザー照射
    • アデノシン外用
    女性
    • LEDおよび低出力レーザー照射
    C1
    (行ってもよい)
    男性
    • カルプロニウム塩化物外用
    • t-フラバノン外用
    • サイトプリンおよびペンタデカン外用
    • ケトコナゾール外用
    • かつらの着用
    女性
    • アデノシン外用
    • 自毛植毛術
    • カルプロニウム塩化物外用
    • t-フラバノン外用
    • サイトプリンおよびペンタデカン外用
    • ケトコナゾール外用
    • かつらの着用
    C2
    (行わない方がよい)
    男性
    • ビマトプロストおよびラタノプロスト外用
    • 成長因子導入および細胞移植療法
    女性
    • ビマトプロストおよびラタノプロスト外用
    • 成長因子導入および細胞移植療法
    D
    (行うべきではない)
    男性
    • ミノキシジル内服
    女性
    • ミノキシジル内服
    • フィナステリド内服
    • デュタステリド内服

    注意すべきなのは、推奨度Aの治療法が必ずしも推奨度Bより効果が高いというわけではない、ということです。
    推奨度が高いAやBの治療法の方がC1のものよりも、たくさんの研究でより確実な科学的根拠が示されているということです。
    「直接AとC1の治療法を比較して、Aの方が発毛効果が高かった」という訳ではないです。

    ただ、C2に関しては「有効の根拠がない、あるいは無効である根拠がある」ので、「行わない方がよい」という評価になっています。
    Dに関しても、「無効あるいは有害であることを示す根拠がある」ので、「行うべきではない」という評価になっています。

    AGA・FAGAガイドラインで推奨される治療法

    フィナステリド・デュタステリド

    フィナステリド・デュタステリド

    フィナステリド・デュタステリドは男性に推奨度A(行うよう強く勧める)の評価となっている治療です。女性に対しては推奨度D(行うべきではない)の評価です。
    フィナステリド・デュタステリドは、男性ホルモン(テストステロン)と5α還元酵素の結合をブロックして、薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)への変換を抑える薬です。

    薄毛の根本的な原因である男性ホルモンに作用するため、抜け毛を抑え、発毛を促す効果があり、多くの研究で確かめられています。

    5α還元酵素にはI型とII型の2種類があります。II型のみをブロックするのがフィナステリド、I型とII型両方をブロックするのがデュタステリドです。
    デュタステリドの方がフィナステリドより強力な作用機序を持っていますが、発毛効果に関しては大きな差はない(やや効果が高い傾向があるかもしれない)と言われています。

    ミノキシジル(外用)

    ミノキシジル

    ミノキシジル外用(塗り薬)は男女ともに推奨度A(行うよう強く勧める)、ミノキシジル内服(飲み薬)は男女ともに推奨度D(行うべきではない)となっています。
    なぜ、外用(塗り薬)はAなのに、内服(飲み薬)はDなのでしょうか?
    その理由は、ミノキシジルは外用薬としてたくさんの研究がなされ、有効性と安全性が十分に検証されていますが、内服薬としては利益と危険性が十分に検証されていないからです。
    重大な心血管系障害が生じる可能性が否定できないため、ミノキシジルの内服は行うべきでないと言われています。

    ミノキシジルは高血圧に対する降圧剤として開発されましたが、多毛の効果があることがわかったため、薄毛治療薬として使用されるようになりました。
    ミノキシジルは頭皮から吸収され、毛乳頭において毛細血管を拡張させ、毛根へ豊富な血流と栄養を与えることで発毛を促します。またVEGFやIGF-1といった成長因子の産生を促し細胞の成長を促します。

    女性にとっては唯一の推奨度Aの治療法です。

    LEDおよび低出力レーザー照射

    LEDおよび低出力レーザー照射は男女ともに推奨度B(行うよう勧める)となっています。
    低出力レーザー機器を用いて、1回5-15分、週3回の照射を続けるという治療法です。レーザーが毛根の毛母細胞に作用し、細胞内のミトコンドリアでのATP(アデノシン三リン酸)産生を促し、発毛を促します。
    また、血流改善効果があるため毛根へ十分な血流と栄養素を供給します。

    低出力レーザー

    LEDおよび低出力レーザーの発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧められます。
    家庭用の帽子型のレーザー機器が開発されており、研究で用いられている650-660nm程度のレーザーを照射できる機材が治療に適切と思われます。
    当院では、効果的と考えられる2つのレーザー機器を取り扱っています。

    アデノシン

    アデノシンアデノシン

    アデノシン外用は男性に推奨度B(行うよう勧める)、女性に推奨度C1(行ってもよい)となっています。
    アデノシンは、あらゆる細胞のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)を構成する重要な物質で、外用剤(塗り薬)として用いられます。
    頭皮から吸収されたアデノシンは、毛根の細胞で細胞増殖因子を産生し、発毛を促します。

    アデノシンの発毛効果に関しては、男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため、外用療法を行うよう勧められます。女性に対する有効性を示す根拠はまだ不足していますが、副作用が軽微なため外用療法を行ってもよいとされています。
    アデノシンは医薬品ではなく医薬部外品(薬用化粧品)の扱いのため、まだ本格的な薄毛治療を行ったことがない方にも始めやすい治療法のひとつと思われます。
    当院ではアデノシンを用いたシャンプー、育毛剤を取り扱っています。

    このようにAGA・FAGAガイドラインは、世界中の研究の科学的根拠をもとに、医師・患者向けに薄毛治療の指針を示しています。
    薄毛が、ひとりひとりの人生に与える影響はとてつもなく大きいです。
    科学的根拠をもとに薄毛を治療すれば、よい成果を得る確率は必然的に高くなります。
    ガイドラインは、薄毛を改善し豊かな人生を得るための指針となってくれると思います。

    当院はガイドラインに則った治療を提案しています。
    まずは無料カウンセリングでご相談ください。

    pagetop