MENU
  • LINE予約
  • web予約
  • web予約
  • 教えて!?薄毛対策は何をすればいいの?薄毛の原因や対策方法|AGAコラム|ナチュラルAGAクリニック|中目黒・池袋のAGA治療・薄毛治療

    AGAコラム

    Column

    教えて!?薄毛対策は何をすればいいの?薄毛の原因や対策方法

    記事作成日:2022.07.16
    記事更新日:2022.07.16

    監修医情報

    新行内 出

    ナチュラルAGAクリニック 院長新行内 出

    経歴

    2013年3月 千葉大学医学部卒業
    2013年4月 がん研有明病院勤務
    2014年4月 東京大学医学部付属病院勤務
    2015年4月 大手AGAクリニックA勤務
    2017年6月 大手AGAクリニックB勤務
    2021年5月 ナチュラルAGAクリニック開院

    資格・所属

    • 日本美容皮膚科学会 正会員
    • 日本抗加齢医学会 正会員

    教えて!?薄毛対策は何をすればいいの?薄毛の原因や対策方法

     

     

    薄毛とAGAは違う?

    AGAという言葉が広く浸透し、AGA=薄毛(脱毛症)というイメージの方も多いと思います。
    しかし、実際には脱毛症には色んなタイプがあります。AGAは脱毛症の種類の1つであり、脱毛症の全てを指すわけではありません。

    AGA治療が全ての脱毛症に有効なわけではなく、どのタイプの脱毛症なのかによって治療も変わってきます。

    AGAと薄毛(脱毛症)はどう違うのか見ていきましょう。

    AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略であり「男性型脱毛症」という意味です。遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。思春期以降に発症し、50代以降は半数が発症すると言われています。

    逆に男性ホルモンの影響が少ない脱毛症はAGAとは言えません。
    円形脱毛症であったり、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気が原因でなる脱毛症などはAGA治療では治すことは難しいでしょう。

     

    薄毛(脱毛症)の原因

     

    脱毛症には先天性・後天性に分かれ、様々な種類があります。原因や治療法は異なりますが、重なっている部分もあります。代表的な原因を見ていきましょう。

    ・ホルモンバランスの乱れ

    男性でも女性でも、加齢によりホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの影響で薄毛になることがあります。AGAやFAGAにおいて、発症のきっかけとして考えられます。

    ・遺伝

    一般的に言われるように、AGAの最大の原因は遺伝です。両親の家系に薄毛の方が多い場合、脱毛症を発症する確率が高いと考えられています。しかし、遺伝が全てではなく、必ずしもご家族に薄毛の方がいなくても発症することがあります。

    ・精神的ストレス

    ストレスは脱毛に少なからず影響すると考えられています。ストレスを受け続けると、交感神経が働き続け体は緊張状態が続きます。そうすると血流の流れが悪くなり、栄養が頭皮に行き渡りずらくなります。また、睡眠不足を引き起こし成長ホルモンを分泌しずらくもなってしまいます。
    抜け毛を防ぐためにも、自身のストレスに気づくことが大切です。

    ・生活習慣、食生活

    薄毛の原因として遺伝が挙げられる一方で、生活習慣も関わっていると考えられます。一卵性双生児を対象とした検証では、過半数のペアで脱毛の進行に違いが見られました。薄毛が100%遺伝的によるものだとすれば、同程度の進行具合になるはずなので、食生活や生活環境の影響も大きいと考えられます。

    ・栄養不足

    不摂生、過度なダイエット、栄養バランスの偏りなどにより、髪の毛の成長や健康な頭皮環境の維持が阻害されます。アルコールの飲み過ぎ、高脂質・高カロリー・糖質の多い食事、寝る直前の食事など乱れた生活習慣が脱毛症を悪化させる可能性があります。

    ・睡眠不足

    日本人の睡眠時間は世界的に見ても最低レベルで、7割が睡眠に満足していないという調査結果があります。睡眠時間を削ってまで頑張る国民性やネット依存の傾向が原因と考えられています。睡眠不足が続くと、正常な育毛が妨げられ脱毛症に繋がることがあります。

    ・自己免疫疾患

    円形脱毛症は「自己免疫疾患」というカテゴリの病気と言われています。これは、免疫が正常に機能しなくなり、逆に体を攻撃してしまうことで引き起こされます。自分自身の正常な細胞や組織に対してまで攻撃を加えてしまい、体に異常をきたします。

    ・アトピー素因

    円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持っていると言われています。

    ・間違ったヘアケア

    頭皮がベタついている、あるいは洗浄しすぎで乾燥していると脂漏性皮膚炎と脱毛症を引き起こす可能性があります。

    ・風邪やインフルエンザなど病気のあとに

    感染症などの身体的ストレスの後には、一時的に抜け毛が増える「休止期脱毛」を生じることがあります。

     

    薄毛の治療法

    薄毛の症状によって治療法は異なります。症状別に見ていきましょう。

    ①AGAの治療法

    AGA治療薬を使用することが一般的です。主な治療薬にはフィナステリドやミノキシジルがあります。
    また、薬を使わない「ナチュラルメソッド」も開発されており、副作用のないAGA治療法として注目されています。

    ②脂漏性皮膚炎の治療法

    ある種のカビが関係していると言われるため、ステロイドや抗真菌薬を用いることが多いです。頭皮や肌の状態に応じて、ローションや抗生物質が処方されることもあります。また、頭皮や肌を清潔に保つ必要があるため、正しい洗髪を心がけることが大切です。

    ③ひこう性脱毛症

    脂漏性皮膚炎と症状が似ており、頭皮に赤み、かゆみ、ふけが生じます。ステロイドを用いることが多いです。

    ④円形脱毛症の治療法

    ステロイドなどの治療薬を使用することが一般的です。治療法は多岐に渡り、局所免疫療法(SADBE療法)なども有効な治療法だと考えられています。

     

    薄毛が進行しないために…日頃から気をつけたいこと

    直接的に脱毛症の原因でないとしても、進行を防ぐために気をつけたいポイントを見ていきましょう。

    ・食生活
    脂質を多く摂りすぎていると、脂漏性皮膚炎を招く恐れがあります。揚げ物や脂っこい肉などの食べ過ぎには注意が必要です。また、飲酒についても同様のことが言えます。

    ・生活習慣
    ストレスを放置せず、自覚し発散することが大切です。また、睡眠時間が短い場合は多めにとるようにした方がいいでしょう。成長ホルモンの分泌を促すためには22時~2時の4時間に睡眠を取るとよいと言われています。また、ニコチンは血管を収縮させて血行を悪くしてしまいますので喫煙もできるだけ控えた方がよいでしょう。

    脱毛症には遺伝が関係しているとよく言われますが、親と同じ食習慣や生活環境で暮らすことも原因の1つとして考えられます。

    ・間違った洗髪
    ごしごしこすらずに頭皮を優しくマッサージすると良いでしょう。

     

    最後に

    薄毛・抜け毛に悩む方はとても多いです。

    特に若い世代で悩む方が増えており、AGA発症者のうち約10%は10代だと言われています。症状が出始めた時、進行していることを実感した時は辛く感じるものです。

    薄毛は治療できる時代です。

    ストレスなど生活習慣がきっかけとなって引き起こされる場合もあり、誰にでも起こりうることです。
    単純に加齢によるものだけではなく、睡眠不足や栄養不足、ライフスタイルなど様々な要因が複雑に関係していると言われています。

    この記事をSNSでシェアする

    薄毛のお悩みは
    ナチュラルAGAクリニックへ
    ご相談ください

    まずはお気軽にカウンセリング・ご相談にお越しください。
    当院は他の患者様とお会いせずにご来院いただけるように、完全予約制とさせていただいております。
    ※お急ぎの場合、当日予約をご希望の場合はお電話からご連絡ください。

    AGA予防・対策のおすすめ記事

    おすすめ記事

    人気記事

    pagetop